未分類

『スター・ウォーズ』シリーズを見るベストな順番

 

人気映画「スターウォーズ」の最新作

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

が昨年末に公開されていますが、

あなたは、このシリーズは全部観ていますか?

『スター・ウォーズ』は

その名を知らない人がいないというほどの

長寿かつ人気のシリーズですよね。

 

しかし、スター・ウォーズシリーズ

全部観る場合、

「どの順番で鑑賞したらいいの?」

「どれを観ておけば良いのかわからない!」

という人が多いようです。

 

そこで、

『スター・ウォーズ』シリーズは

この順番で追っていくのがベスト!

という順番をお教えしますね!

 

まず、スター・ウォーズを

製作年順に作品を紹介します。

 

(1)エピソード4 新たなる希望

(製作年:1977年)

(2)エピソード5 帝国の逆襲 

(製作年:1980年)

(3)エピソード6 ジェダイの帰還 

(製作年:1983年)

(4)エピソード1 ファントム・メナス 

(製作年:1999年)

(5)エピソード2 クローンの攻撃 

(製作年:2002年)

(6)エピソード3 シスの復讐 

(製作年:2005年)

(7)フォースの覚醒(エピソード7) 

(製作年:2015年)

(8)スター・ウォーズ 最後のジェダイ

(制作年:2017年)

 

そもそも「なんで『スター・ウォーズ』は

『エピソード4』から始まっているの?」

と疑問に思う人が多いようです。

 

記念すべき第1作目は公開当初、

『エピソード4』のナンバリングも

『新たなる希望』の副題もなく、

『スター・ウォーズ』というタイトルで

公開されました。

 

まだ全9部作という構想も発表されておらず、

1979年末からシリーズ第2作について

『エピソード5』という表現が使われ始めたため、

「続編が第5話ってどういうこと?

じゃあ前の話は何だったの?」と

ファンは騒いでいたのだとか・・・

 

つまり、『エピソード4 新たなる希望』は

公開された「後」に

付けられていたものということです。

 

しかも、オープニングの

スクロールタイトルの「エピソード4」と

「新たなる希望」の二行も、

実は1979年末のリバイバル公開時に

やっと追加されたものだったのです。

 

そして、

オススメの鑑賞の順番は製作順、

つまり、

4、5、6、1、2、3、7、8です。

 

その理由として、最初に作られたのが

『エピソード4』だからです。

 

この順番で観でこそ、

リアルタイムでシリーズを追ってきたファン

と同様の感動が得られるでしょう。

 

また、『エピソード4』は何よりも

冒険活劇の面白さに満ち満ちており、

物語としても、

シリーズの中でも最もシンプルかつ

わかりやすい内容になっています。

さらに、製作年を見ればわかる通り、

『エピソード1~3』は16年の時を経て作られた

新しいシリーズになっています。

 

これらは『エピソード4~6』で

散りばめられた謎や過去の歴史を解き明かす、

ある意味では答え合わせのような内容でも

あるのです。

 

つまりは、過去の物語であり、

謎の答え合わせのような内容である

『エピソード1~3』を先に観ても、

とっつきにくく、楽しみにくい所が

あるのです。

 

また、単純に『エピソード1』は

『スター・ウォーズ』シリーズの中でも

最も評価が低く、

ここから観るとガッカリしてしまう

可能性もあります。

 

もし、スター・ウォーズシリーズを

全部観ていない場合は、

是非、この順番で観る事をオススメします!

 

個人的な感想なんですが、

このシリーズは面白いのですが、

1つだけ納得出来ない点があり、

イマイチ好きになれないのです。

 

それは、ジョージ・ルーカスが

宇宙の広さを分かっていないという所です。

 

例えば、

星系間が1光年離れていたとすると、

他の星系での出来事が分かるのは

1年後なのですね。

(情報が勝手にワープして伝わることはありません)

 

ちなみに、

太陽系の隣の恒星はケンタウルス座のα星で

地球から4.3光年離れていますので、

「こんにちは」「こんにちは」という挨拶をするだけで

8年以上かかります。

 

地球に1番近い火星でも13光分離れていますので

地球・火星間の通信では、

「もしもし」と問いかけてから

「何ですか?」と返事が来るまで

26分もかかるのです。

 

しかし、この物語は

瞬時に他の星系の出来事を把握してしまいます。

 

こんな事は100%あり得ません。

 

ハイパードライブ(ワープ航法)は認めます。

 

でも、それと情報の拡散は別です。

 

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』では

物語の終盤に、

宇宙全体に応援を無線で呼びかけるシーンが

あります。

 

すると、

何分か後に味方の宇宙船が沢山集まってきます。

 

こんなバカな!

 

「S・O・S」の連絡が入るのは

何十年・何百年も先だっちゅうの・・・

 

こ宇宙の広さをキチンと表現してくれていれば、

もっと好きな作品に

なっていたのですけどね~。(^^)