未分類

メタボリックシンドロームとは?

 

いろいろな所で見たり聞いたりする

メタボリックシンドロームですが、

メタボリックは「代謝」、シンドロームは「症候群」

という意味です。

 

そして、メタボリックシンドロームとは、

『内臓脂肪肥満症』のことで、

単に内臓脂肪が多い状態というだけでなく、

高血圧、高血糖、高脂血症などの生活習慣病を

発症している状態を指します。





メタボリックシンドロームに陥ると、

心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす元になり、

実際に体脂肪率が高めの人は気を付けなければ

なりません。

 

日頃の悪い生活習慣、

つまり運動不足や食べ過ぎなどが引き金となって

起こるものと言われています。

 

この予防策としては、日頃からジョギングなどの

有酸素運動をしたり、筋肉トレーニングをすることで

運動不足にならないようにし、食生活も整え、

身体に蓄積してしまった脂肪をなくすことです。

 





40歳を超えると、このメタボリックシンドロームが

急激に増えると言われています。

 

しかし、そんな年代も、

今では食生活の欧米化などのせいで関係なくなり、

もっと若い世代の人たちまでもが

メタボリックシンドロームの可能性を秘め、

いわゆる「予備群」として存在していると

言われています。

 

メタボリックシンドロームに陥る原因は、

言うまでもなく体脂肪が増加する身体ということは

忘れてはならないことです。

 

身体に体脂肪を蓄えていくという機能は、

人間にとってはひとつの本能で、それは人が

生きていくために必要不可欠なことです。

 

生まれながらにして太りやすい、

体脂肪を貯めやすいという人もいて、

そんな肥満遺伝子というものを持っている人は、

そうでない人よりもさらに真剣に食生活を改善し、

整えていく必要があるでしょう。

 

肥満度が高過ぎるという状態は、少なからず

身体に悪い影響を与えてしまいますから、

そうならないようにしっかりと予防することが

大切になります。

 

体脂肪率をきちんとチェックして、恐ろしい

メタボリックシンドロームを防ぐようにしましょう。