未分類

「エヴァンゲリオン」アスカ人気が綾波レイを抜いて1位に

 

NHK企画の「全エヴァンゲリオン大投票」の結果で

好きなキャタクター部門で

1位がアスカ・ラングレーという結果になりました。

(ちなみに、綾波レイは3位でした)




2人の人気争い

 

人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズの

好きなキャラクター、エヴァ、使徒、セリフに投票する

NHKの企画「全エヴァンゲリオン大投票」の結果が、

「発表!全エヴァンゲリオン大投票」で発表されました。

 

その結果、キャラクター部門の1位が

式波・アスカ・ラングレーであり、3位は綾波レイに。

 

初代テレビシリーズ以来、実に約25年もの間、

ダブルヒロインとされていた2人ですが、

少なくとも1990年代後半~2000年代初めの

アニメ情報誌では綾波レイがトップの座は揺るがず、

エヴァ特集では常に表紙を飾っていました。

 

それだけに、長年のファンの間には

「綾波とアスカ人気が逆転した!」

と衝撃が走ったのです。

 

エヴァンゲリオンの歴史

 

大災害「セカンドインパクト」が起きた世界

2015年を舞台に、巨大な汎用人型決戦兵器

「エヴァンゲリオン」のパイロットとなった

14歳の少年少女たちと、第3新東京市に襲来する

謎の敵「使徒」との戦いを描きます。

 

1995年10月4日から1996年3月27日

かけて全26話がテレビ東京系列で放送されました。

 

放送時の視聴率は低かったのですが、放送終了後に

消化不良の状態で終わってしまったと世間が

騒ぎ始めたのです。

 

・「使徒」とは何なのかの説明がない

・最終回のストーリーの意味が分からない

当時は、この2つの事で議論が巻き起こりました。

 

そして、社会現象とも言えるほど爆発的な

人気アニメへとなって行ったのです。

 

1997年には、

TVシリーズ版の結末(第弐拾伍話、最終話)とは

別の結末を描いた劇場版『Air/まごころを、君に』

(第25話、第26話)が公開されました。

 

そして、2006年には、

新たな設定・ストーリーで「リビルド(再構築)」した

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ全4作の制作が

発表され、2007年に第1作『序』、

2009年に第2作『破』、

2012年に第3作『Q』がそれぞれ公開されています。

 

また、2020年に

第4作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が

公開予定です。




綾波レイの人物像

 

色白でショートカットの水色の髪と、赤い瞳を持つ

細身の少女。

 

 

クローン人間であり、劇中何度か死んでしまうが、

その度に人格を引き継いだ、2番目、3番目が現れる。

 

エヴァンゲリオン零号機のパイロット

(1人目の適格者=ファーストチルドレン)で、

この作品における最大のキーパーソンとして

重大な役割を果たしています。

 

感情を表に出さず、寡黙で常に無表情だが、

「感情の表現の仕方を知らないだけ」でなのです。

 

当初はゲンドウにのみ心を開いていたが、

碇シンジと出会ったことで彼とも絆を深めていき、

次第に様々な感情を見せ、自我といえるものが

芽生えていく。

 

アスカ・ラングレーの人物像

 

二人目の適格者=セカンドチルドレン。

 

TV版および旧劇場版では

「惣流・アスカ・ラングレー」という名でしたが、

新劇場版では「式波・アスカ・ラングレー」と

改姓されています

 

惣流・アスカ・ラングレー

 

式波・アスカ・ラングレー

 

新劇場版において、旧作通りのままでは物語上

アスカの役割が無く「脇で騒いでいるキャラ」に

なってしまうことを懸念して名前を変えて

3号機に乗せることになったのです。

 

TV版および旧劇場版では

母親がEVA接触実験の失敗による後遺症で

精神を病んだことで、人形を実の娘であると思い込み、

自分を全く見てくれなくなり、その母親を自分に

振り向かせようと努力を重ねていた。

 

しかし、弐号機のパイロットに選ばれたその日に

母親は自殺、しかも母親は自殺の際に

娘だと思い込んでいた人形を道連れにする形で

首を吊っていた。

 

幼少期に母親からの愛情を受けることなく、

愛して欲しかった母親の手によって殺害されたという

事実は、彼女の心に深い傷跡を残し、

その後の人生に暗い影を落とすことになる。

 

そのことがトラウマとなり、アスカは誰にも頼らず

自分で考え一人で生きていける強さを持った

人間となることを決意、その自立心のため、

快活で主体性・自立心が強く、非妥協的、異常なほど

プライドが高く、自己中心的な性格になりました。

 

けれども、

新劇場版で式波・アスカ・ラングレーに変わってからは

人を思いやる性格に変わっています。

 

この惣流・アスカ・ラングレーから、

式波・アスカ・ラングレーに変わった事が

アスカ人気が綾波人気を上回った理由の1つとも

考えられます。

 

エヴァンゲリオンのストーリー概略

 

物語の舞台は西暦2000年9月13日に起きた

大災害「セカンドインパクト」によって世界人口の

半数が失われた世界。

 

その15年後の西暦2015年、主人公である

14歳の少年碇シンジは、別居していた父、

国連直属の非公開組織・特務機関NERV(ネルフ)の

総司令である碇ゲンドウから突然第3新東京市に

呼び出された。

 

そして、巨大な汎用人型決戦兵器

エヴァンゲリオン(EVA)初号機のパイロット

となって第3新東京市に襲来する謎の敵「使徒」と

戦うことを命じられる。