未分類

前澤友作氏・剛力彩芽が復縁、その背景とは?

 

2019年11月に破局を迎えた

ZOZO全社長・前澤友作氏(44)と

女優の剛力彩芽さん(27)が今年に入って

復縁していたそうです。

 




11月に破局した理由

 

当時、前澤氏は破局の理由について、

次のように語っていました。

 

「ありがちですけど、

お互いの方向性のズレというか・・・」

 

「彼女はもっとお仕事を頑張りたい、まだ27歳

ですからお仕事をバリバリ頑張りたいと。一方、僕は

新しい事業だとか宇宙だとか。もっといっぱい彼女に

ついて来てほしい。ついて来てほしい僕と、仕事を

やりたい彼女。ちょっと向いている方向が・・・」

 

しかし、一部週刊誌では、前澤氏の女性関係に

剛力彩芽さんが愛想を尽かしたとも報じていました。

 

前澤氏が面接のためにオフィスを訪れた秘書志望の

40代女性に、個人的な関係を要求してトラブルに

なったと報じているのです。

 

破局後の剛力彩芽さんのコメント

 

破局直後から剛力さんは、

前澤氏に対する未練をメデイアで公言していました。

 

「形としては終わってますけど、

でも私の気持ちとしてはまだ残ってますから」

 

「めちゃくちゃタイプなんですよ。顔も大好きなんです。

一目惚れですね。すっごい子供、超ピュアだし、本当に

小学生がそのまま大人になった感じの人で純粋だし、

真っ直ぐだし、本当に人のこと疑わないし。あの年齢で

そのままやり続けられる人ってそんなにいないんじゃ

ないかな」




前澤氏の行動に怒りを露わにする人たち

 

前澤氏は今年1月、

自身のツイッターでお見合いイベント番組

『前澤友作 真剣お見合いドキュメントFULL MOON LOVER』

(AbemaTV)への出演を大々的に発表したのは記憶に

新しいと思います。

 

しかし、わずか3週間で、番組は急遽、放送中止となり

『企画』はボツとなりました。

 

番組関係者はこれに対して怒りを露わにして、

次のようなコメントを残しています。

 

「自ら売り込んできた企画にも関わらず、突然、

ドタキャン。現場スタッフは怒り心頭でした。

結局、前澤さんがアベマの藤田晋社長に対し、

直接謝罪に出向いた。平謝りだったようですが、

ドタキャンの説明はしなかったと聞いています」

 

そして、この番組のドタキャン騒動の裏には

剛力さんの存在があったそうです。

 

さらに、2月中旬、千葉県の高級旅館を訪れた前澤氏は、

新会社スタートトゥデイや関連会社の社員を前に、

剛力さんとの復縁を宣言したのです。

 

まとめ

 

くっついた、別れたは個人の問題なので、

周りがとやかく言う事ではないと思います。

 

しかし、前澤氏の場合は、TV企画まで持ち上げて

自分の都合で取りやめはどうなのでしょうね!

 

番組スタッフはかなりの迷惑を被ったでしょうし、

お見合いに応募した何万人もの女性に対しても

大変失礼な事です。

 

前澤氏のような立場の人は

自分の行動に責任をもってほしいですね。

 

前澤友作氏プロフィール

名前:前澤友作(まえざわ ゆうさく)

生年月日:1975年11月22日(44歳)

出身地:千葉県鎌ケ谷市

学歴:早稲田実業高校

職業:実業家、起業家、ミュージシャン

 

スタートトゥデイ代表取締役社長

 

2019年3月時点の総資産は2220億円で

日本長者番付23位