未分類

「アビガン」はコロナウイルスに効くのか?中国が使用を決定!

 

中国政府は3月17日に、

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬として、

臨床研究をした結果、日本の製薬会社が開発した

「アビガン」を使用すると発表しました。

 

 

そして、中国政府の科学技術部は

「できるだけ早く現場に投入したいと」しています。

 

そこで、この「アビガン」とは

どういった薬品なのかを調べてみました。




「アビガン」とは?

 

「アビガン」は富士フイルム傘下の

「富士フイルム富山化学」が開発した

インフルエンザの治療薬です。

 

社名が「富山化学」となっていますが、

会社の拠点は関東を中心としています。

(富山にも工場はあるようですが・・・)

 

この薬品の一般名は「ファビピラビル」と言うそうで、

ウイルスが体内で増殖するのを抑えることで、

症状を緩和することができるそうです。

 

日本では、既存の他の薬品が効かなかった場合、

もしくは十分な効果が得られないインフルエンザが

発生し、国が使用を決めた場合に

投与されることになっています。

 

つまり、この「アビガン」は日本国内においては、

普通は使用できない薬品なのです。

 

そして、国は新型インフルエンザの発生に備えて、

アビガンを約200万人分備蓄しているとのこと。

 

ですから、日本では非常事態の時のみ使用する薬品と

言えると思います。

 

普段は使用できないということは、

当然この「アビガン」にはリスクがあり、

妊娠中に使用すると胎児に影響が出る可能性が

あるのです。

 

ですので、妊娠中の使用や使用後の授乳を避けるほか、

一定期間は避妊も必要となります。

 

中国の対応

 

中国が新型コロナウイルス感染症の治療薬として

「アビガン」を採用することを明らかにしたのは、

中国政府の科学技術部が3月17日に開いた

記者会見の場です。

 

張親民(ちょう・しんみん)主任は複数の候補のうち、

「アビガン」については臨床研究を終えたと

公表しました。

 

「とても良い効果が出た」としたうえで、

「臨床研究中に明確な副作用は出なかった」と

述べています。

 

張主任によると、「アビガン」はすでに

ライセンス契約をした中国国内の企業が

量産可能な体制をとっているそうです。

 

さらに張主任は、

「ファビピラビル(アビガン)は安全性もよく、

効果も明確で、手が届き、専門家の検証も得た。

医療グループにはすでに正式に推薦した。

できるだけ早く現場に投入したい」と話しています。




深圳市と武漢市の臨床研究の結果

 

病院で80人の患者を対象に行われた試験では、

症状が改善した患者の割合を胸部X-線で撮影して

計測しました。

 

その結果、「アビガン」を投与しなかった人たちは

62.22%が改善したのに対し、

投与したグループは91.43%の改善が

見られたのです。

 

まとめ

 

この「アビガン」が本当に

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の特効薬になれば

良いですよね。

 

日本では喘息治療剤の

「シクレソニド」(商品名「オルベスコ」)を

投与した結果、新型コロナウイルス感染症の

症状が改善されたという報告がありましたが、

まだ、確実な治療法にはなっていません。

 

早く、この新型コロナウイルスが収まらないと、

オリンピックも危うくなりますし、

何と言っても経済へのダメージが大きくなる

ばかりです。

 

ですから、この「アビガン」に期待したいですね!