未分類

映画『キャッツ』が最低な映画と認定された!

 

毎年、

その年の最低映画やキャストが選ばれる最低映画の祭典

『ゴールデン・ラズベリー賞(通称ラジー賞)』が

発表されました。

 

その中で、

トム・フーパー監督のミュージカル映画『キャッツ』が、

最低映画賞、最低助演女優賞、最低助演男優賞、

最低スクリーン・コンボ賞、最低監督賞、最低脚本賞の

最多6部門の不名誉な受賞に輝きました。

 

 

また、2部門での受賞は

シルヴェスタ・スタローンが主役を務める

ランボーシリーズの『ランボー ラスト・ブラッド』

受賞内容は、最低リメイク・パクリ・続編賞と、

人命と公共財産の軽視がひどすぎる賞です。

 

 

ラジー賞の中で唯一の栄誉賞となる名誉挽回賞は、

ネットフリックス作品『ルディ・レイ・ムーア』で

タイトルロールを演じたエディ・マーフィー

受賞しています。




第40回ゴールデン・ラズベリー賞

 

それぞれの賞を受賞した作品と人物は

次の通りです。

 

最低映画賞

 

『キャッツ』

 

 

最低主演男優賞

 

ジョン・トラボルタ

『The Fanatic』&『ワイルド・レース』

 

最低主演女優賞

 

ヒラリー・ダフ

『ハリウッド1969シャロン・テートの亡霊』

 

最低助演男優賞

 

ジェームズ・コーデン

『キャッツ』

 

最低助演女優賞

 

レベル・ウィルソン

『キャッツ』

 

最低スクリーン・コンボ賞

 

『キャッツ』

 

最低監督賞

 

トム・フーパー

『キャッツ』

 

最低脚本賞

 

『キャッツ』

 

最低リメイク・パクリ・続編賞

 

『ランボー ラスト・ブラッド』

 

 

人命と公共財産の軽視がひどすぎる映画賞

『ランボー ラスト・ブラッド』

 

名誉挽回賞

 

エディ・マーフィー

『ルディ・レイ・ムーア』