未分類

トイレットペーパーの盗難が横行!メーカー倉庫は在庫の山

 

デマに踊らされて、

買いだめをしている人が多いようですね。

 

まあ、マスクが不足するのは分かるんですが、

紙製品が店頭から消えてしまうとは・・・

 

実際に、私も近所のスーパーや薬局を回って見ましたが、

全ての店でトイレットペーパーが

売り切れになっていました。

 

 

そこまでしなければならないのかと、悲しくなる話

 

埼玉県草加市のあるコンビニのトイレでは、

商品棚にあるトイレットペーパーと手すりを

厳重な鎖でつなぎ、カギを取り付けていたそうです。

 

トイレットペーパーの「持ち帰り」を防止するためです。

 

トイレットペーパーの持ち帰りが増えている

 

「トイレットペーパーを買えなくなる」というデマが

拡散し、『持ち帰り』が増えているそうです。

 

実際には『持ち帰り』ではなく、

『盗難』というべきでしょうね。

 

岡山市のコンビニでは

「トイレットペーパーが盗まれたので置いていません」

という張り紙がしてあります。

 

神奈川県の飲食店のトイレでは、上の棚に収容していた

12個すべて持っていかれました。

 

話はそこで終わらりませんでした。

 

隣の飲食店に分けてもらおうとしたところ、

その店も被害に遭っていたのです。

 

東京都足立区のスーパーでは、

3月2日の午後に入荷すると、1時間で

完売してしまいました。

 

購入した女性は

「こんなになるとは思わなかった。すごく

びっくりしちゃいました。噂が広まっちゃうんですね」

と話します。

 

また、この日は一家であろうと思われる4人連れが

ドラッグストアから1人ずつそれぞれが

トイレットペーパーを持って出てくるところを

見ました。

 

こういう事をする人たちがいるから

品不足になってしまうんですね。




トイレットペーパーは本当に品薄なのか

 

製紙会社は各社が口をそろえ、

「安定的に供給できる在庫はある」といいます。

 

その証拠に倉庫には箱ごとに高く積み上げられて

いるのです。

 

メーカーには生産量が十分、卸業者の在庫も十分。

 

ですが、みんなが殺到して、どんどん買うため、

輸送が追い付かない状況だというのです。

 

街の声

 

デマだと分かっているのですが、

周りが買っているので、品薄になり

買わざるをえない。

 

人々の不安が大きな理由と思います

 

買う人がいるからでしょうね。冷静になってほしいです。

 

情けないですよね、この現象。