未分類

元キャンディーズ・伊藤蘭、アンコールツアー開催

 

元キャンディーズのメンバーで現在は女優で、

俳優の水谷豊さんの妻でもある伊藤蘭さん(65)が

15日、東京・新宿文化センターで

コンサートツアー2020「マイ・ブーケ&

マイ・ディア・キャンディーズ」の

初日公演を行いました。

 

 

昨年6月の初の単独公演は、

1078年4月の解散公演以来41年ぶり

コンサートで大反響でした。

 

そして、早くもアンコールツアーが実現し、

この日に初日を迎えたのです。

 

伊藤蘭さんは2曲目の歌唱後のMCで

「(世間は)心配事が続いている状況の中、

たくさんの方にお越しいただきありがとうございます。

口の中がカラカラです」とあいさつし、

水を一飲みしました。

 

コンサートは、キャンディーズ時代の「春一番」

「年下の男の子」「ハートのエースが出てこない」など

全22曲を熱唱し、訪れたファンを陶酔させました。





キャンディーズは、伊藤蘭(ラン)さんをリーダーとし

田中好子(スー)さん、藤村美樹(ミキ)さんの

3人組でしたが、田中好子さんは死去、藤村美樹さんは

芸能界を引退していますので、

復活コンサートはあり得ないのですね。

 

必然的に伊藤蘭さんの

単独コンサートになってしまうのです。

 

でも、伊藤蘭さん1人だとしても、ファンは

40年以上も空いたので嬉しかったと思います。





キャンディーズの概要

 

 

キャンディーズのメンバーは3人とも東京音楽学院の

スクールメイツ出身です。

 

最終選抜で3人が選ばれましたが、

彼女ら以外に太田裕美やザ・ビーナスの

ボーカルであったコニーもいました。

 

1972年にNHKの新番組『歌謡グランドショー』の

マスコットガールとして3人そろって選抜され、

番組プロデューサーから

「食べてしまいたいほど可愛い女の子たち」を意味して

『キャンディーズ』と名付けられました。

 

3人ともスクールメイツの中でも

目立つ存在ではなかったため、

歌手デビューの予定はありませんでした。

 

しかし、たまたま音楽プロデューサーが3人を見て

「可愛い子がいる」と目を留め、

歌手デビューが決定したのです。