未分類

「日韓トンネル」建設費用はどれくらい? 無謀な計画だ!

 

日韓トンネルとは?

 

日本と朝鮮半島南部を

トンネルで結ぶ構想は、戦前、

日本が立案したこともありました。

 

戦後は統一協会系グループ事業の

「日韓トンネル研究会」が、

同トンネル構想の推進をしていたのです。

 

そのほか日本の建設会社の大林組

「ユーラシア・ドライブウェイ構想」の

一環として1980年代当時に

実現可能であった技術で構想していました。

 

具体的な実現性については、

建設にかかるコストとそこから生み出される

利便について様々な意見があり、

また日韓間のコスト負担比をどうするかの

議論がありました。

 

2011年1月、韓国国土海洋部は

「韓日海底トンネルは経済性がない」

との調査結果とともに推進中断を

明らかにしています。

 

実際に、建設するとなると

その推定費用は何と7兆8000億円

もかかるそうです!

 

日韓トンネル反対論

 

日本の「保守」などを中心とした嫌韓

巨額の建設費と維持費への疑問

災害リスク

国防上の問題

貿易関税の問題

などが主な反対理由となっています。

 

さらに北朝鮮から中国へのルートが

確立される見通しが立たなければ

あまり意味が無いとの意見もあります。

 

日韓トンネル推進論

 

主に日韓間、ひいては

朝鮮半島の統一をにらんだ日本と

ユーラシア大陸各地の物流の活性化を

主な推進理由としているのです。

 

大陸と繋がることにより

地政学上シーレーン防衛の負担が

一部軽減されることが見込まれます。

 

問題点

 

1980年代に大林組が

「ユーラシア・ドライブウェイ構想」の

一環として提唱した計画では、

当時の土木工事レベルでも

可能であるとされています。

 

しかし、自動車道には燃料自動車を通す以上、

換気施設として人工島が

5つ必要となるため、

これを建設するとしていました。

 

しかし、そもそも全長300kmにも及ぶ

海底トンネルを自動車で結ぼうとする

計画には無理が多く、

高速道路における交通事故全般、

大規模な車両火災の発生時などの

安全対策等にも難点があります。

 

韓国の考え

 

2011年1月、韓国国土海洋部は、

日韓海底トンネルの利便とコストを比較して

経済性がないとの結果を明らかにしました。

 

Twitterでの意見

 

この「日韓トンネル」について、

Twitter上では様々な意見がツィート

されていますのでいくつか紹介します。

 

『10兆円使って年間維持費馬鹿にならない

日韓トンネル作るくらいなら保育士の

給料上げて保育園作って待機児童問題と

少子化問題を解決して欲しい。

与党も野党も関係なく少子化対策に関して

ぜんぜんやる気感じない』

 

『日韓トンネル開通すれば

鉄路でパリに行けるのに

なんでみんな嫌なんだ?』

 

『はあ?いつ日韓トンネルなんか

つくってんの?なんのために作るの?

誰がそんなものに金をだすの?

意味わからん( ゜Д゜)』

 

『青函トンネルは53.85km

日韓トンネルは約4倍の220km

長さを考えても莫大な維持費が必要』

 

『日韓トンネル反対です…

せっかくどことも繋がってないのが

利点の島国なのに、なんでよりにもよって

一番反日感情強いお国と繋がるんですか?』

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

この計画はどうなんるんでしょうね・・・

 

ただ、推進派の人達には

何らかの利権がからんでいるような気がするのは

私だけでしょうか・・・?!