未分類

高額当選者が教える「宝くじ」で1等を当てる方法!!

 

あなたは、宝くじを買いますか?

 

今年の「年末ジャンボ宝くじ」の抽選日が

近づいていますが、あなたは買いましたか?

 

抽選日は12月31日で

最高賞金が1等・前後賞を合わせると

10億円ということで、

一攫千金を狙いたくなりますよね!

 

宝くじの1等って何本あるのか?

 

さて、気になる1等ですが、

1等は何本あるか知っていますか?

 

宝くじにはユニットというものがあり、

年末ジャンボ宝くじの場合は

25ユニットありますので、1等は25本存在します。

 

ただし、クジが売れ残って

その売れ残りの中に1等が

入っている場合もありますので、

1等が当たる人が25人とは限りません。

 

そして、1等の当選確率は、

1つのユニットでくじ券が2000万枚ありますので、

2000万分の1ということになります。

 

1等が出やすい売り場はあるのか?

 

どこで買っても当たる確立は一緒なのですが、

1等が出やすい売り場があることを

ご存じだと思います。

 

特に有名なのは銀座西チャンスセンターですね。

 

この銀座西チャンスセンターの

1番窓口から1等が出やすく、

1番窓口で宝くじを買おうとすると

とても混んでいるので1~2時間ほど並ぶ必要が

あります。

 

でも、何故、銀座西チャンスセンターで

1等が出やすいか分かりますか?

 

種を明かせば、

これは単に、その売り場は購入者が多いだけなのです。

 

売れる枚数が多ければ当然、

当たりが出る可能性が高くなるのは分かりますよね。

 

実は銀座西チャンスセンターは

あの売り場だけで1ユニットを扱っているのです。

 

ですので、銀座西チャンスセンターでは

毎回確実に1等が出るということなんですね!

 

宝くじの種類

 

また、年末ジャンボ宝くじのような普通の宝くじ以外に

どんな宝くじがあるか知っていますか?

 

わたしも、それほど詳しくはないのですが、

調べてみて分かったものだけを挙げてみますね。

ロト7

1から37までの数字の中から、

好きな数字を7つ選んで全部的中すれば1等です。

 

一口300円で、最高当選金額は10億円になります。

ロト6

1から43までの数字の中から、

好きな数字6つを選んで全部的中すれば1等です。

 

一口200円で、最高当選金額は6億円になります。

ミニロト

1から31までの数字の中から、

好きな数字を5つ選んで全部的中すれば1等です。

 

一口200円で、最高当選金額は4000万円です。

 

ロトは全て、

売り上げ金額÷当選者数 ですから、

1等が複数いる場合は当選金額は下がります。

 

ナンバーズ

「ナンバーズ3」と「ナンバーズ4」があり

一口200円です。

 

色々な買い方があり、その買い方によって

当選金額も変わります。

 

 

ここまでの宝くじ、ロト、ナンバーズは

胴元が全て同じで「みずほ銀行」です。

 

これに対して『スポーツ振興くじ』というのがあり、

代表的なのがBIGです。

 

BIGは一口300円で

最高当選金額は6億円になります。

 

BIGはJリーグの勝敗を賭けるもので、

全試合の結果が的中すると1等になるのです。

 

ただし、購入者が試合結果を予想する事はできません。

 

「これが、あなたが選んだ試合結果です」と

コンピュータが勝手に予想してしまうのです。

 

また、高額宝くじの中で、このBIGが1番

1等の当選確率が高いと言われています。

 

ちなみに、BIGの場合は当選金が高額な場合、

受け取れるのは「信用金庫」になります。

 

宝くじで高額当選した男の話

 

さて、私の知り合いに凄い人物がいます。

 

過去にロト6で、

1等・2等・3等を全て出していますし、

 

サマージャンボ宝くじで1等を当てています。

 

まさに、宝くじの神様のような人物です。

(ただし、派手に賞金を使うのであまり

お金は残っていないそうです)

 

この人は、

宝くじを買うことに情熱を燃やしていて、

毎月、ロト6・ロト7に十数万円を使い、

年間で200万円以上を宝くじ代に回しています。

 

ここまで、

情熱をかけているからこそ当たるのでしょうね。

 

つまり、これが

宝くじを当てる方法なんだと思います。

 

情熱をかけて損失もかえりみず

資金を投入するからこそ

高額当選金を当てられるのですね!