未分類

バドミントン・桃田のケガは重傷だった!どうなる五輪?

 

1月に遠征先の

マレーシア・クアラルンプールで交通事故に

巻き込まれて負傷したバドミントンの

世界王者・桃田賢斗選手(25)が

重傷だった事が分かりました。

 

 

事故直後、マレーシアの病院内で

顔面を負傷した映像が流れ時には

とても驚きました。

 

そして、最近になって調子が悪く、

再検査をしたところ重傷と分かり

手術を受けたと発表があったのです。

 

ケガの状況ですが、

「右目の眼窩底骨折」との事です。

この衝撃的な事実を

所属先のNTT東日本が発表しました。

 

これで、3月の全英オープン出場など、

想定していた復帰プランが白紙に

戻ってしまった事になります。

 

桃田選手は1月の事故後、

マレーシアの病院と、帰国後には

日本の病院で精密検査を受け、

顎部(アゴ)、眉間部、唇の3カ所の裂傷と

全身打撲というケガの状態でしたが、

それ以外は異常なしと診断されていました。

 

所属するNTT東日本によると、

3月の全英オープンでの復帰を目指し、

2月3日から日本代表合宿に

参加したところ、4日にシャトルが

二重に見える症状を訴えたのです。

 

複視と言われるもので、5日に合宿を離脱。

 

その後、7日に精密検査を受けたところ、

「右眼窩底骨折」と診断されたのです。

 

そして、8日に手術を受け、

無事終了しましたが、

全治3ヶ月と診断されたそうです。

 

 

「眼窩底骨折」とは?

「眼窩底骨折」とは

眼球が位置する「眼窩(がんか)」と

呼ばれる空間の床にあたる「眼窩底」が

骨折した状態を指します。

 

眼窩底を構成する骨は

眼窩の中でも薄いため、

眼球や周辺部位の外傷により骨折を

しやすいのです。

 

 

交通外傷や転倒などに加えて、

ラグビーやサッカー、ボクシングなどの

肉体的なコンタクトが多いスポーツに

関連して発症する事もあります。

 

同社の広報はマレーシアでの事故の影響と

考えて「ほぼ間違いない」としています。

 

 

桃田賢斗選手の今後は?

 

日本代表の朴柱奉ヘッドコーチは

日本協会を通じて、

「今回の事は驚いています」

コメントを発表しました。

 

さらに、手術成功に

「先ほど結果を所属チームから聞いて

一安心しております。今後に関しては

手術後の経過を見て決めていく事になるかと

思いますが、焦らずに回復に専念して

欲しいと思います」

としました。

 

復帰戦を予定していた全英オープンの派遣は

取りやめとなり、

復帰プランは白紙に戻ってしまった

ワケです。

 

問題なのは、オリンピックですよね。

普通に考えて、桃田選手が1番

金メダルに近い存在だったと思うのです。

 

当然、オリンピックまでには

ケガは全快しますが、

調整というのがあります。

 

スポーツ選手、それも一流になればなるほど

試合感というものが大切になります。

 

3ヶ月後に復帰という事は

5月になってしまい、

オリンピックまでにコンディションを

ベストに持って行けるかどうかです。

 

とても心配です。

 

しかし、桃田選手は本当に

山あり谷ありの選手生活をしていますよね。

 

ギャンブルで1年間、

試合の出場資格を剥奪されて、

復帰したと思ったらすぐに

世界チャンピオン。

 

そして、オリンピックで

金メダル確実という存在から、

大ケガでピンチ。

 

とにかく、このケガを乗り

越えて頑張って欲しいです!